プロフィール

★★この記事は「約15分間』で読むことができます★★

ご挨拶!!

 

ひこじぃ

みなさんはじめまして!! 

ひこじぃ@hikojili)』 と言います。

 

まずは、星の数ほどあるブログの中から選んでいただきありがとうございます!!

 

「一体このサイトはどんな人が運営してるんだ?」

 

と、少しでも興味が湧いたり、お時間あれば見てもらえると嬉しいです^^

 

このブログを立ち上げたきっかけは…

子供を育てていく上でやっぱり日々迷ったり悩んだりの連続…。

毎日時間が空けばネットで調べたり、本で勉強したり、動画を見たり、そして身に着けたことを実際に子供に対して実践したりしていて試行錯誤の日々。

得た体験や知識をブログを使って情報として共有していけたらな~っと思い立ち上げました

 

突然ですが、僕はあまり語彙力が無ければ文章力も人並みです!!

それでも変に飾らず一生懸命素直な気持ちで書いていけたらいいな~と思うので、それでもよければよろしくお願いします!!

 

家族構成は?

 

 

あらためまして 『ひこじぃ (@hikojili)』 です。

僕は現在35歳で、奥さんと、家ではやんちゃ坊主だけど人前では小っちゃくなっちゃう3歳の息子と、家でも外でも自由気ままなマイペースで2歳の娘がいる4人家族のパパです。

僕の両親と姉は全員「O型」だったんので普通の家族なんだけど、ひこじぃ家系がまぁ面白いもんで…

 

  • パパ → O型
  • ママ → AB型
  • 長男 → B型
  • 長女 → A型

 

とまぁ~キレイにばらけてしまったもんで、一貫性がないというか個々が強いというか…。

 

ひこじぃ

今はまだ子供も小さくて血液型による違いがわかりにくいですが、これから大きくなったらどんな家族になるか楽しみです(笑)

 

これまでの歩み

 

 

生まれも育ちも高知県で、保育園→小学校→中学校と何も考えずエスカレーターのように進み、高校を選ぶ際も

 

「勉強嫌いだから、普通科より工業高校とかの方が実習とかあってよくない?」

 

と、安易な考えで進学したものの…「普通科目 + 専門科目」のダブルパンチでノックアウト!!

中学生で夢見たバラ色の高校生活とはほど遠く、男が98%ぐらいの学校でした。(僕のクラスに女子は0人)

学校は元気に3年間皆勤賞で、真面目君でもなければ不良君でもない普通君だったけど、やっぱり勉強は苦手。

 

「〇〇は授業もちゃんと出て、ノートも取ってるのにわかってない」

 

先生ありがたいお言葉あざーっすwww

単位落としてギリギリでしたが…なんとか卒業しましたorz

そして専門学校にも進学させてもらったけれど…すぐ辞めてしまい親には本当に申し訳ない息子でした。

 

後先もまったく考えないような、「なんとかなるさ」な男だったわ

ひこじぃ

 

改心してそこから就職するかと思いきや、「何かしないと」と近所のピザ屋さんにバイトへ。

良くも悪くも高校生のノリかよっと思えるような仲間と出会い、居心地が良すぎるぬるま湯の職場につかりすぎたせいか…気が付けば8年も経過していて、就職などで先輩が辞めて行くなか、シフトも名前が一番上まで来てしまいバイトリーダーまで登りつめる。

配達速度は店長のお墨付きで、

 

「〇〇店のスピードスター!!」

 

と仲間内で からかわれながら 呼ばれるぐらい(笑)

これだけだと単にバイトして数年の人生を無駄に消費…っと思ってしまうかもだけど、今でも付き合いのある大事な友達、そして今の奥さんともここで知り合いました。

 

いやさすがに内心、とっくに成人してるのに定職にもつかずシフトによっては平日実家で夕方までゴロゴロ~ゴロゴロ~な自分に危機感を覚え、彼女とも結婚を視野に入れていたので就職をすることに。

親がやっと就職してくれたことに安心したのと、まだちゃんと就職もしてない時にプロポーズする俺、そして承諾してくれた奥さん。

いろんな意味で「よくやったわ!」だけど、今となっては良い思い出です。

 


 

ピザ屋は実家から西へ10分ぐらいだったんだけど、就職した先は実家から東へ10分ほどの運送会社。

2トン…4トン…と乗り、「乗ってみるか?」と言われ 会社出してくれず実費で約30万円 大型免許も取得し、11トンのウィング車を乗っていました。

結婚もし、初めての就職先だったけど先輩とも仲良くやって(自己判断)なんとか毎日業務もこなしていたけれど…ぶち当たる壁は

「お金」

大型は乗るけど長距離ドライバーなどではなく、倉庫間の荷物移動や出荷業務の日勤だったので、給与はみなさんびっくりの手取りで13万台。(総支給額だと17万後半~18万の間)

正確な額は聞けないにせよ、数年、数十年上の先輩に聞いても数万円しか変わらないとのこと。

 

「ここに居てはまずい。このままじゃ一生ラットレースやん…」

 

そう思い、「辞めます」と言ってから後任がなかなか決まらなかったので…約半年後に次の就職先を決めれずのまま退職しました。

約4年半勤めましたが、辞めたとき息子はまだ生後3ヵ月のことでした。

一家の大黒柱であるはずの俺は33歳、無職になりました。

ラットレース
働いても、働いても、一向に資産が貯まらない様子が、回し車の中で、クルクル回っているネズミに似ていることから定義されている

無我夢中で就活をはじめ、面接ではバイトながらも8年も同じ場所で継続した実績、そして唯一誇れるスキルとして大型免許を取得しているのが評価され採用。

そして無事に今現在働いている、「施設の維持管理 + 大型トラック業務」をしています。

以前と比べると賃金は上がった(むしろ上げた?)のと、就業時間も定時で終われて土日も休みで有給も取りやすく、職場の仲間とも仲良く仕事できているので無事着地成功!!

とはいえ、高知県は全国平均で言えば賃金は下から数えた方が早いので、それでもまだまだ厳しいんですけどねー^^;

 

ひこじぃ

『学歴』や『賃金』のことを今更とやかく言っても意味がないし、未来も変わらない。

次は「これからどうするか」が大事でした。

 

魔法の言葉「なんとかなるさ」の精神

 

 

今までいろいろ「なんとかなるさ」の気持ちで生きてきたといっても過言ではない。

実際、「進学」・「就職」もなんとかなってきた。

「お金もなければ、たいした知識も無くない?」…と言われればそれまでだけど、それでもそれなりにやってこれた。

自分で言うのもなんだけど…知識はないが、愛嬌はあった。

 

仕事でもうまく立ち回り、少々のミスでは怒られないし、自分の業務以外のこともなるべく積極的に取り組んで信頼も得た。

 

「うわぁ…なんか計画的な感じで嫌だ」

 

っと思う人もいるかもしれないけど、会社の仲間とも楽しくなるし、嫌々出勤して仕事しているよりはよっぽど良いと思う!

 

「資格はいっぱいあった方がいいから、いろいろ取ってみるといいよ」

 

と言われてたので、今まで車の免許(大型含む)・前職でのフォークリフトとかぐらいしか履歴書に書けなかったけれど、がんばって資格を受け始めた。

もともと勉強は得意な方ではないし、ましてや学力なんて高校を卒業できるか怪しい感じだったけれど、時間があるときは本を読んで勉強した。

 

講習会で取れる資格は別として、ちゃんと勉強しないといけないのはコツコツと休憩室でやる。

本来は家でやったほうがいいかもしれないけれど、仕事が終わって家に帰ると

 

  • 子供の保育のお迎えに
  • 夕飯を作る
  • 子供と一緒にお風呂タイム
  • 寝かしつけてくれている間に洗い物

 

寝かしつけの時に一緒にゴロンしてしまうとそのまま夢の中へ…。

PCで作業もしたいと思ったりするから、なかなか時間が取れないのである。

 

休憩室で勉強していると、同僚たちからは

 

「また勉強やりゆうね~」

 

っと冗談交じりの少し嫌味な事は日常茶飯事でなれた(笑)

でもずーーっとしてるわけじゃなくて、休憩室で一人な時や会話が弾んでる時は会話したりと、「隙間時間」を狙ってます。

それでも入社して1年~2年ぐらいで資格も20個ぐらい増えた。

 

正直言って資格自体には大して興味はない。

ぶっちゃけ資格手当が出るから。

しかし(勉強に関しては)高卒の自称落ちこぼれでも、結果が付けば同僚・上司・会社の評価は上がった!!

1年に1回試験があり、それに数回も落ちている先輩がいる資格も1発で合格した。

まったく未経験の分野でも、毎日コツコツコツコツ…みんなが休憩中に話をしたり携帯いじってる中、俺は本を読んで合格した。

そしてやるからには落ちたくないので、「全部一発合格」を目指してやってました。

(試験前日に頭が容量オーバーになったのか、知恵熱でたこともあります(笑))

 

僕がいま勉強していることは、

 

  • 『子育て』に関すること
  •  『育児』に関すること
  •  『教育』に関すること
  • 将来のための『子供の勉強』に関すること
  • 自分の『自己肯定感』に関すること
  • 自分の『自己効力感』に関すること

 

などで、これに関しては動画を見たり、本を読んで学んだり、ネットで調べたりして、自分の子供で実体験させてもらったり、自分に関することはとにかくインプットしてアウトプットして、モチベUPに取り組んでいます。

 

もともとは「何かを学ぶ」ことにたいして抵抗もあったし、動画はともかくマンガを読むのもめんどくさいと思う俺からしたら活字を読むなんて今まで考えられなかったし、やってこなかった。

でも今こうやって勉強することや、本をもっと読みたい!と全然苦じゃなく思えるようになったのは、なんとなく始めた資格試験で毎日の本読みが習慣になっていたからでした。

 

やっぱり本を読むこと、そして新しい情報にふれ続けることは

 

自分を高める最短ルート』

 

だと思うようになりました。

 

無謀な資格試験も「まぁなんとかなるさ」と落ちない気満々メンタルだったのも大きかった!

きっと子育てだって『100%正しい正解はない』

「子育てもなんとかなる」

子育てを間違えたくないと親が身構えすぎず、少し気持ちに余裕を持ちませんか?

ひこじぃ

 

こんな感じの僕ですが、あなたのお悩みに対しての気づきや少しでも気持ちが和らぐ情報が得られるようにがんばっていきたいと思います!!

 

 

以上、長々と読み苦しい部分もあったかもしれませんが、

ここまで読んでいただきありがとうございました!! (o_ _)o))