人生にはいろいろな「法則」があり、

そういう法則ってみなさん好きですよね?

ちょっとでも今の人生楽しくする法則が題材のドラマが・・・

 

どうも、じじぃっす (´ω`)ノ

お笑いコンビ、相席スタートの山﨑ケイさんによるエッセイ

『ちょうどいいブスのススメ』

を原作とした新木曜ドラマが来年1月10日の23:59より放送されることになりました!!

しかしドラマのタイトルは当初の原作本のタイトル名とは違い、

「人生が楽しくなる幸せの法則」

と、変更されて始まるそうで、これに関してはいろいろ物議があったようですね。

世間やSNS上での見解としては、

「ちょうどいいブス」というワードに「女性蔑視の塊」

「頼むからこれ以上女を呪うなよ」

などの批判が寄せられ、ネットでは炎上する事態となったそうで・・・。

まぁでもこの時点で 炎上=インパクトがある ってことだから、

宣伝効果としてはあったかもですね(笑)

そして逆に、新タイトル「人生が楽しくなる幸せの法則」に変更になったことについては

「自己啓発本のタイトルみたいになった」

「新タイトルはぜんぜん魅力ない」

「そのままでいってほしかった…」

「なんと平凡な。自己啓発書みたいな。ほとんどヤケになってつけたタイトルに思える」

「そりゃそーだ 番組のタイトルとかにするもんじゃないわな」

「外見をディスる言葉は、メディアから率先して無くしていってほしいよ」

「タイトル変えたのは良かったと思うけど、もうこの言葉つくって発表した時点で印象悪いわ」

など改題を支持する声や、

「ますます言いたいことが言えない世の中になってきたな」

「そんなに非難せんでも…って思っちゃうんだけど」

「だいぶ前流行ったブス恋(ドラマ「ブスの瞳に恋してる」)は良かったのに」

などなど規制強化の流れが加速する現状を嘆くような意見もあがっていたようで、

変更したのにこっちはこっちで不評な感じ。

んー!?じゃぁいったいどうしてほしいんだ・・・って感じにもなるけど、

「十人十色」というか、やっぱり人それぞれ意見があるよねーって感じなのかな。

この件について山﨑さんはTwitterで、「ともあれドラマ面白いと思うので見てください」

と前向きにコメントしているようで、

夏菜さんに関しては「ちょっと長くなったね。笑 」

と少し残念そうな感じにもとれる報告をしていました。

外見なりを使った批判的なタイトルは怒りを買ったり反感を買ったりするかもしれないけど、

メディア的な戦略で言えばやっぱりタイトルにはインパクトがあったほうがいいし、

なによりタイトルがどうこうであれ、山﨑さんが言うように

「んな細かいことより、ドラマが面白ければいいんじゃね?!」

ってのが素直な意見ですね^^

僕はちょっとタイトルからして興味があったので楽しみです!!!! 


【ドラマ】「人生が楽しくなる幸せの法則」のキャストの方々

っとここで夏菜さんの名前が登場しましたが今回のメインキャストの方には、

 

「自己表現下手くそブス」 「中川彩香」役で夏菜さん      

“自己表現下手くそブス”の彩香は、見た目的には美人ともブスとも言えないレベルで、

存在感が薄く言いたいことを言えない受け身体質。

ずっと片想いしている男性がいるものの、相手にアプローチできないでいる…という役どころ。

夏菜さんは、思ったことを内に秘めるという性格は「ほぼやったことがない気がします」というが、

「どんな感じにできるのか、私にとっても挑戦しなくてはいけない役ですが私自身も一緒に成長していける役なんじゃないかなと感じました」と前向きにコメントしています。

 

「融通利かないブス」 「木原里琴」役で高橋メアリージュンさん 

高橋さんが演じるのは、彩香の同僚で“融通の利かないブス”の里琴。

美人で仕事もデキるのだが、キツい性格で協調性がなく、周りの人間からは面倒な女と思われて疎まれている…。

高橋さんは「里琴が言われている『壁がある』は私も実際にずっと言われてきている事で、

不器用な里琴と共通点が結構多くて、『だからか…』と気づかされる事があります(笑)。

とても不器用な役柄ですが似ているところがある分、親しみを持って演じられそうなので、楽しみにしております」と役柄にシンパシーを感じたそうです。

 

「開き直りブス」 「皆本佳恵」役で小林きな子さん       

小林さんが演じるのは、“開き直りブス”の佳恵。

自分がブスであるという自覚を持ちつつも、恋人がいることを振りかざして他の女性をディスったりしがちな厄介タイプ。

小林さんは「目からウロコ!! もはや共感しかできない。そして、今の自分を見ているよう。ブスも開きなおりゃいいってもんじゃないんですね。

美しい人がイケメンとあーだこーだするドラマももちろんすてき。でも、明日の自分のためになるならこれ!こんなドラマは初めてです」

と作品の魅力を力説したようです。

 

そしてその3人を仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な

“ちょうどいいブス”

を目指す手助けをするブス神様役を山﨑ケイさんが演じられます。

 

追加キャストとして和田琢磨、忍成修吾、佐野ひなこ、伊藤修子、徳井優、田山涼成の出演も発表された。

 

だらだらと書いても鬱陶しいと思うので、ざーーっくり簡単なドラマの始まりとしては、

物語の舞台は「とある商社」総務部に勤める中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋)、皆本佳恵(小林)の前に

ある日ちょうどいいブスの神様が降臨するようで、

この3人は神様から自分のダメダメな現実を突き付けられて衝撃を受けることに。

「女は、自分がブスであることを認めて、初めて幸せのスタートラインに立つことができる!」

と告げる神様。幸せになりたい3人は神様の教えに従って、ちょうどいいブスになるための修行を始め自分がどんどん変わっていく流れになります。

このドラマでは原作には存在しない人物やストーリーを、山﨑ケイさんとドラマスタッフがその内容・意図をもとに創り上げた

オリジナル作品として描かれているそうですね。

沼田賢治プロデューサーは「今回の木曜ドラマFは『人生が楽しくなる幸せの法則』。

女子3人の「」がどう成長し、「生き方」がどう変わっていくのか…。

笑いあり、涙あり、そして恋愛ありの楽しいコメディーに仕上げて参ります。

木曜夜、勇気がもらえる時間になると思います。ぜひ、お楽しみください」

と満足げなコメントをしています。

何がともあれ、放送されてからがスタート。

見るっきゃないですよっ!!!!!!!!

 

クランクインを控え、夏菜さんは「私にとってもかなりの挑戦な役であり、未知数なドラマだな、と思っています。

でも、きっと誰しもが共感できる部分があるドラマだと思うので、そこを大切におもしろおかしく演じたいと思います!

いろんな部分でブスな私たち、生きづらさを感じている私たち3人がどう成長していくのかを

ポテトチップスでも片手に応援して下さるとうれしいです!」と言っていたそうです(笑)

ってことで放送開始日には、みなさんもポテチ片手に夜中見ましょうね!!

ドラマ主題歌はTANAKA ALICEの「Waiting For U」に決定したそうです。


引用:https://goo.gl/images/zCEUQw

 


【そして原作者+メインキャストになる山﨑ケイさん】

名前:山﨑ケイ プロフィール

本名:山﨑恵(やまざき けい)

お笑いコンビ「相席スタート」ボケ担当 

相方は「山添 寛(やまぞえ かん)」

引用:https://goo.gl/images/4dFi1v

東京NSC13期生出身

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

生年月日:1982年6月13日

出身地:千葉県柏市

血液型:B型

身長:163cm

体重:70kg

趣味&特技:旅行、昼ドラ鑑賞、酒、食べ歩き、カードゲーム、空手、恋愛相談

キャッチフレーズ的なものは「美人ではないがブスでもない女」

「ちょうどいい感じのブス」

「イイ女の雰囲気出してる芸人」

 

ん~なんかキャッチフレーズ的なものもあり、そしてリアル説得力がある感ぱねぇ!

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました!! (o_ _)o))



追伸:オセロな俺劇場 第3話「本音はっ」

表俺「なかなかいいタイトルだったんですが惜しかったですよね」

裏俺「んー、まぁこの世の中じゃぁ批判もらっちまうもんさ」

表俺「周りがどうこう言おうが、自分の意見は通すべきですよ!!」

裏俺「おまえ、出世しないタイプだろ」

表俺「」

ナレーター「バカ正直ってのは時にバカでもある」

つづく (・ω・´)ゝ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です